弁護士の力

対等でない関係を対等に

 多くの方にとって、交通事故はそう頻繁に経験することではありません。これに対し、保険会社の担当者は日々交通事故の処理を仕事とするいわば交通事故のエキスパート。そんな保険会社の担当者と対等に交渉するには、それに負けない知識・経験をもった弁護士の力が必要不可欠です。

交渉だけで増額されることも多いのです

 弁護士は、裁判になった場合に判決で認められる可能性のある賠償金の額を事前に計算し、保険会社と交渉します。
 この交渉だけで、弁護士が提案した額に保険会社が歩み寄ることも多いのです。というのも、弁護士が交渉している以上、示談がまとまらなければ、裁判になる可能性があります。裁判になれば、結局、判決で賠償金の額が決まります。また、裁判になれば保険会社としてもそのための労力や弁護士費用もかかります。それならば、交渉である程度歩み寄って解決しようということになるわけです。