医師の力

医学的な知識・経験が必要な場合があります

 交通事故においては「後遺障害が交通事故から生じたものか否か」「認定された後遺障害等級が妥当か否か」など、医学的な知識・経験が必要な問題が生じることがしばしばあります。
 このような問題に対応するため、すまいる法律事務所では顧問医師との連携により問題の解決にあたっています。
 弁護士と医師が協力することで、交通事故の解決に必要な知識・経験をワンストップサービスでご提供しています。
 

後遺障害等級が変わる可能性も?

 損害保険料率算出機構で認定された等級については、異議申立てや裁判によって、より高い等級が認定される場合があります。そのためには、医師の協力を得て意見書等を作成する必要があります。
 より高い等級が認定されれば、慰謝料や逸失利益の額も増額されます。このように、弁護士と医師が連携することで、より高い等級認定を受け、賠償金が増額される可能性があるのです。